プラモデル

ナガノやアオシマなど絶版バイクプラモデルの買取をさせて頂きました。

いつもご覧頂きありがとう御座います。今年も残り僅かとなりましたが、トライホビーズでは大掃除やキットの入れ替えなどで、全国各地から沢山の買取をご利用頂いております。

今回は買取させて頂いた中から、ナガノ模型のホンダCB400FOURと、アオシマのZ400FXの旧車バイクプラモデルのご紹介をさせて頂こうと思います。また後半にはトライホビーズのプラモデル買取の強みや、プレミア査定などについても説明させて頂いておりますので、最後までお読み頂けたら幸いでございます。

買取紹介:ナガノ 1/8 ホンダ CB400 FOUR

買取紹介:ナガノ 1/8 ホンダ CB400 FOUR

こちらのプラモデルはナガノ模型というメーカーから発売されたドリームCB400FOUR/通称ヨンフォアになります。ナガノ模型と言うメーカーは60年代後半からプラモデルを精力的に発売しておりましたが時代と供に事業は縮小し、新商品の発売は久しくありませんでした。

しかし2001年にこちらのヨンフォアが発売され待ち望んでいたファンに喜ばれました。スケールも1/8ですので大きくて作り甲斐もあり、現在主流の1/12とは一線を画する完成品が出来上がります。

ホンダCB400Fの遍歴

ホンダCB400FはCB350Fの後継モデルとして1974年に発売されました。エンジンがマイルド過ぎると酷評を受けた先代の反省から408ccへと排気量をアップし性能を向上させました。しかし発売した矢先に、多発するバイク事故から免許制度の改正が行われ中型免許は400cc以下へと変更になりました。

このままでは大型バイクの扱いとなってしまうヨンフォアは408ccから398ccへと排気量をダウンさせた国内モデル(型式CB400)を再投入していきました。しかし再生産によりコスト高になったことや販売台数も伸び悩んでいたことから1977年を最後に生産が終了されました。現在でも旧車ファンの多くから愛されており70年代の名車とうたわれている車両の1つです。

細部のパーツをチェック

 

パーツチェックですが、まずは手持ちのプラモデルにタミヤの1/12ホンダCB750Fが御座いましたのでタイヤを拝借してまいりました。1/8のタイヤと比べてみますとその大きさは歴然で5.5cmに対して8cmありましたので約1.5倍の完成品が出来上がるようです。1/8の完成品を他のスケールと並べますとその大きさから注目度を奪われてしまいますので並べるときは注意が必要ですね(笑)

細かいディテールのメッキパーツ

またメッキの処理が大変美しいですが、メッキパーツも豊富でマフラー、フェンダー類はもちろんブレーキペダルまでメッキが施してあります。エンジンのシリンダーには408刻印までも再現されておりました。さらにはフィン1つ1つが深く成型されておりましたので手を加えなくても満足のいく作品が完成するのではないでしょうか。

買取紹介:アオシマ 湘南爆走族 Z400FX改 雅ヨーコ

買取紹介:アオシマ 湘南爆走族 Z400FX改 雅ヨーコ

続いてご紹介するのはこちらのキット。世代の方はご存知かもしれませんが、湘南爆走族は1982年から1987年まで週間コミックで連載された漫画です。メンバー同士での対立や恋愛、日常などをギャグを交えて描かれ、斬新なストーリ展開で支持を受け大ヒットしました。

その人気はすさまじく30年以上経った今年、湘南爆走族ファンブックまで発売されました。再びコミックを読み返した方も多かったのではないでしょうか。

登場メンバーと車種

主な登場メンバーと車両を少しだけご紹介、まず湘南爆走族2代目リーダーの江口洋助はスズキGS400改タンクにはファイヤーパターン、親衛隊長の石川晃はホンダCB400T改、特攻隊長の丸川角児はカワサキのKH400改ロケットカウル、桜井と原沢は2ケツ(二人乗り)でスズキGT380、そして今回ご紹介する雅ヨーコはカワサキZ400FXにまたがっています。個人的にはアキラのCB400Tがお気に入りです。

雅ヨーコはハッスルジェットのリーダー真紫準の恋人でレディースのリーダーでもありました。湘爆とは一時的に敵対関係にはなりましたが誤解だったことがわかり和解します。1987年の実写版ではアンパンマンでおなじみの戸田恵子さんが雅ヨーコを演じていたようです。私も実写版は見たことが無いので至急チェックしようと思います。

雅ヨーコのコメント付説明書

そして組み立て説明書が非常に凝っており吉田聡先生のコメントまで載せてあります。説明書の所々には雅ヨーコが配置してありコメントを言ってくれますので製作の励みにもなります。ギャラリーに説明書の画像を載せておきますので、当時の雰囲気を楽しんで頂ければと思います。このたびは大切なプラモデルをお売り頂き有難う御座いました。

バイクプラモデル買取をおすすめできる理由

絶版キットもしっかりプレミア査定

今回ご紹介させて頂いたナガノ模型や湘南爆走族などの高額査定はもちろんですが、アオシマ1/12俺のマシン神戦組Z400GPなどの俺のマシンシリーズなどは1点5000円以上での買取が可能となります。またニチモ1/15ホンダスーパーカブや、タミヤ1/6 ホンダCB750レーシングなど数万円で買取できるバイクプラモデルも多数あります。高価買取の買取価格表もご用意しておりますので、押入れなどに眠っているキットがあればぜひ売却をご検討下さい。

塗装済完成品からエッチングパーツまで

またトライホビーズでは未組み立てのバイクプラモデルだけでなく、塗装をされたバイクプラモデル完成品の買取も行っています。塗装のクオリティや、マフラー焼けなどの細かなデティールアップもしっかりと評価し買取させて頂きます。そしてエッチングパーツや、エアブラシなどの工作ツールまで買取が可能となっておりますので大掃除、コレクションの入れ替えや整理の際はぜひ弊社におまかせ下さい。

バイクプラモ買取についてもっと詳しく

LINEで送る
Pocket

 

※当サイトにて掲載している商品や記事に関して、弊社独自の判断で制作・運営を行っています。特定の商品や記事制作のご要望や、ご希望等には一切お応え出来ませんのでご了承下さい。

//文字サイズ変更