プラモデル

愛媛県より買取させて頂いたニチモなどの艦船模型をご紹介。

img_9118

ニチモなど貴重なプラモデルをご紹介

本日は愛媛県より艦船模型をお送り頂きました。なかにはニチモのキットや、精力的に多種多様な艦船模型を発売し続けるピットロードなどの貴重なプラモデルが多数御座いました。今回はニチモのみねぐものご紹介となぜか漁船シリーズを世に送りだしたアオシマのイカ釣り漁船をご紹介致したいと思います。乱文乱筆では御座いますが最後までお読み頂けたら幸いです。

ニチモ1/200みねぐものご紹介

img_9124

日本模型ことニチモは1951年に創業しプラモデル全盛期を支えた立役者です。そのプラモデルの老舗が2013年に模型部門の休止を発表し事実上のプラモデル業界からの撤退となり幕を閉じました。現在は総合プラスチック製造会社として運営されております。私も30センチシリーズやリモコン戦車などで大変お世話になりました。30センチシリーズの艦船は完全防水と言うことだったのですがお風呂で遊んでいると必ず沈没した記憶があります(笑)さて今回ご紹介するこちらのDDK116みねぐもは1968年から1999年までの長きにわたり日本の海を守り、1995年には練習艦として活躍し数多くの士官を育てました。さらには呉の町に配属されてから一度も転籍することなく、除籍されるその日まで呉の町に慣れ親しまれたみねぐもでした。それではプラモデルの中身を見てみます。

みねぐもの組立て説明書

img_9125

組立て説明書とは別に解説と塗装説明書があります。当時は情報が少ない中でこのような解説書があると非常に助かったのではないでしょうか。塗装ガイドを読んでいきますと、半ツヤ消しの作り方まで解説してありました!炭酸マグネシウム、ベビーパウダーをラッカー塗料に混ぜて使うのだそうです。今では半ツヤ消しの塗料も豊富にありますので、昔ならではの知恵ですね。他にもいろいろなアドバイスが記載されており、ニチモのユーザーを大切にする思いが伝わってくるようです。

プロペラとギアボックス

img_9126

プロペラ、シャフト、ギアボックスのギア、すべてメタルパーツで作りこまれており、ギアを製作している町工場が目に見えてきそうです。古き良き時代を感じさせてくれる艦船プラモデルでした。このクオリティで2500円で販売されていたようですので当時と言えどもかなりお得だったのではないでしょうか。続きましてご紹介させて頂きますのは、イカ釣り漁船のプラモデルです。

続いてアオシマ1/64イカ釣り漁船 第二十七漁榮丸

img_0473

アオシマから発売されている漁船シリーズは大間のマグロ一本釣り漁船2種とこちらのイカ釣り漁船が販売されております。なぜアオシマは漁船にクローズアップしたのかは不明ですが、個人的にはニッチなプラモデルは嫌いじゃないです(笑)今後もいろいろな漁船やクルーザーなどをリリースされることを願っております。スケールは1/64ですのでトミカダンディやトラックと並べてみたり、大間の大時化を駆け巡るジオラマを再現したり、さらには集魚灯をLEDに電飾してみても面白いですね。

組立てパーツ総数は409点!

img_0478

パーツの総数はなんと409点!艦船模型では数が多い部類になるのではないでしょうか。アンテナやフレームなど細くてすぐに折れてしまいそうなパーツが目白押しです。純正パーツと真鍮線を駆使ししてワンランクアップしたプラモデルを目指したいですね。話は変わりますが、上記箱絵の自動イカ釣機に菱形の巻き揚げドラムと糸が通る黄色いガイドが見えると思います。なぜ巻き取りドラムが菱形ドラムなのか?丸ではいけないのでしょうか?答えは、巻き上げ速度に変化をつけ餌を生きているように見せるためです。釣りをされる方はご存知かもしれませんが、釣り用語でシャクリを入れると言います(笑)。かなりマニアックになってしまいましたが、細部までしっかりとこだわられているプラモデルでした。

最後に、イカと大漁旗

img_0471

実際にどのようにイカがあがってくるかと言いますと、糸に見立てたミシン糸に紙製の上記イカを挟み込んで接着します。少しチープな感じは否めませんのでプラ棒などでイカを自作するもの面白いかもしれません。大漁旗は2センチ程度の小さな紙製のものですが本物さながらの旗が出来上がるようです。大漁旗を掲げた勇姿を見るのもいいですね。貴重な艦船模型を買取させて頂き誠に有難う御座いました。最後までお読み頂き有難う御座いました。

 艦船模型のプレミアム査定もお任せ。

タミヤ、アオシマ、フジミなどの現行の艦船や絶版キットはもちろん、これまでに買取させて頂いた中にはニチモ 1/200戦艦大和ラジオコントロールモデルや、ビッグモデル1/350宇宙戦艦ヤマト 、ハセガワ1/350リミテッド500シリーズの秋津洲、タミヤ1/350マスターワークのドイツ戦艦ビスマルクなど数万円以上での査定をさせて頂くキットもたくさんあります。プラスチックモデルだけではなくレジンキャスト製のキットや木製の帆船などもしっかりと高額査定させて頂きます。

またトライホビーズでは未組立てのキットと一緒に完成した艦船模型の高額買取も行っております。1/350、1/700などの主要スケールはもちろん1/200などの大型スケールまでありとあらゆる艦船模型の完成品を全国から高額買取させて頂きます。塗装やディティールアップ、ウェザリングや塗り分けなど実際に行った作業工程も詳しくお伝え下さい!熱意を込めて製作された大切な完成品もしっかりと評価させて頂きます。

艦船模型の買取をお考えのお客さまへ

LINEで送る
Pocket

 

※当サイトにて掲載している商品や記事に関して、弊社独自の判断で制作・運営を行っています。特定の商品や記事制作のご要望や、ご希望等には一切お応え出来ませんのでご了承下さい。