プラモデル

絶版のバンダイ1/48ヤークトタイガーやトミーの戦車プラモデルをお売り頂きました!

絶版のバンダイ1/48ヤークトタイガーやトミーの戦車プラモデルをお売り頂きました。

今回はトミーの古いモーターライズのコンバットタンクと、こちらもなかなか出回らないバンダイ1/48のヤークトタイガーを、実際のサウンドや資料なども織り交ぜて詳しく紹介させて頂きます。

戦車やミリタリー模型の買取についてもご案内させて頂きますので、最後までご覧いただければ嬉しく思います。

トミーおはなしコンバットタンク

買取紹介、トミーおはなしコンバットタンク

まずはトミーのおはなしコンバットタンクのご紹介です。現在はトミカやゾイドなどでおなじみのタカラトミーですが、こちらはタカラと合併するはるか昔の製品です。

トミーおはなしコンバットタンク 車体

パットン主力戦車の箱絵が印象的な大変古いプラモデルですが、電池を入れて動くモーターライズ仕様の戦車となります。

トミーおはなしコンバットタンク 後部

交通保険付おもちゃのシールがパッケージに貼り付けされていますが、トミーから交通傷害保険付き玩具の発売が開始されたのが1965年。この戦車はその頃のもののようです。

トミーおはなしコンバットタンク 電池ボックス

単2電池2本を使い走行し、おはなしコンバットタンクとパッケージに記載があるように戦場音を出して走行するギミックが搭載されています。

独創的な内部構造と実際の音

少々聴きづらいですが実際のサウンドを録音してみましたのでお聴きください。進軍ラッパ音が鳴り響き、続いて銃撃や砲撃の音や、走行音がかなりの音量で聞こえてきます。

トミーおはなしコンバットタンク サウンドギミック

サウンドモード→走行モードの繰り返しで延々と動き続けますが、なんと内部をのぞくと小さなレコード盤(画像の青いケースの部分)が回転しているんです。。

トミーおはなしコンバットタンク 内部機構

レコード針もしっかりとついており、終わりまで再生されるとオートリターンまで自動で行ってくれるというハイレベルのギミック付きです。

トミーおはなしコンバットタンク 内部

50年以上経っているであろう希少なプラモデルですが、内部構造は手作り感満載で非常に凝った作りとなっています。

サウンドモードと走行モードの切り替えは段差のある円形のプレートを使い行われています。

トミーおはなしコンバットタンクの画像ギャラリー

おはなしコンバットタンクの詳しい画像を撮りましたので、ご覧ください。クリックするとスライドショーでご覧いただけます。

バンダイ機甲師団シリーズ1/48ヤークトタイガー6号駆逐戦車

買取紹介、バンダイ機甲師団シリーズ1/48ヤークトタイガー6号駆逐戦車

バンザイマークのバンダイ、ヨンパチのヤークトタイガーです。1/48スケール周辺は60年代から70年代に多数のキットが発売されました。

主要なスケールではありませんが、現在はタミヤのミリタリーミニチュアシリーズもありますね。手のひらに乗るコンパクトなサイズになります。

1/48機甲師団シリーズのラインナップ表

バンダイ精密電撃機甲師団シリーズは72年に発売が開始されましたが、同時期のタミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズの充実したラインナップや、ハセガワ、日東などの1/72スケールに押され、70年代後半には開発が中止されました。

ヤークトタイガーのパーツ内容

バンダイ機甲師団シリーズ1/48ヤークトタイガー6号駆逐戦車 キット内容

こちらはモータライズではなくディスプレイモデルとなります。車両下部にはしっかりとバンザイマークとMADE IN JAPANの刻印があり、エンジンや操縦席、シャーシーフロアなどの内部構造も再現され、戦車長のフィギュアも付属しています。

バンダイ機甲師団シリーズ1/48ヤークトタイガー6号駆逐戦車 ボディ

また当時のジオラマの人気を反映して情景模型の作り方の詳しい解説(かなりのボリューム)がつくなど、ジオラマ製作にもかなり力を入れていたのが伝わります。

バンダイ1/48ヤークトタイガーの画像ギャラリー

このたびは貴重なキットをお売り頂き誠に有難う御座いました。

戦車やAFVプラモデルの買取について

トライホビーズでは今回お売り頂いたバンダイやトミーの戦車プラモデルはもちろん、各種軍用車両やミリタリーフィギュアなど、日本全国からプラモデルの買取を行っております。

買取方法にはカンタン便利な宅配買取と、大口のお客様には出張買取もご用意しています。

現行キットはもちろん、黒丸タミヤ1/35 ソビエト中戦車T‐55(コマンダー)リモコンタンクや、オオタキ1/35 ドイツハンティングタイガー リモコンなど絶版キットの査定もお任せ下さい。

戦車、AFVプラモデルの買取について

1/48機甲師団シリーズのラインナップ表

最後に当時の1/48機甲師団シリーズのラインナップをカタログから紹介致します。気になる方はご覧ください

第二次大戦時の戦車や軍用車両、自走砲や火砲などが主な製品となっていたようです。この他にも軍需品や小火器などのアクセサリーや各国の歩兵セットが製品化されています。

先頭の記号ですが機甲師団シリーズ販売当時の値段体系となり、Aが150円~200円、Bが300円、Cが400円、Dが500円(ドイツ軍)、Eが500円(アメリカ、イギリス、ソ連)で販売されていたようです。

A1 シュビムワーゲン  A2  BMWサイドカー
A3 ドイツ75mm対戦車砲  A4  USA 37mm対戦車砲
A5 キューベルワーゲン  B1  駆逐戦車ヘッツァー
B2  ハノマークハーフトラック  B3  オペルマウルティール
B4  2号自走砲ヴェスペ  B5  英軍ダイムラーMk-1
B6  ウイリスジープ  C1  4号戦車D型
C2 8輪重装甲車 C3  3号突撃戦車D型
C4 3号突撃戦車G型 C5  88mm高射砲
C6 ナースホルン C7 2号戦車F/G型
C8 英国バレンタイン C9 155mmロングトム
D1 キングタイガー D2 パンサーG
D3 ヤクトタイガー D4 ヤクトパンサー
D5 8トン牽引車 D6 3号戦車M型
D7 エレファント D8 メーベルワーゲン
D9 タイガー1 D10 4号戦車H型
D11 ベンツ軍用トラック E1 M4A1 76mm
E2 対空機関砲車M13 E3 オースチンK-5
E4 カーゴキャリアM30 E5 英国マチルダMk2
E6 ソ連T34/76 E7 ソ連重戦車KV-1
E8 M3A1ハーフトラック E9 155mmM12
E10 M4A1 75mm E11 ミスターシャーマン
E12 ソ連 SU-85 E13 M4A3 75mm
E14 M4A3 105mm    
LINEで送る
Pocket

 

※当サイトにて掲載している商品や記事に関して、弊社独自の判断で制作・運営を行っています。特定の商品や記事制作のご要望や、ご希望等には一切お応え出来ませんのでご了承下さい。