プラモデル

当時物 アオシマ 電撃!!ストラダ5のプラモデルを買取させて頂きました

当時物 アオシマ 電撃!!ストラダ5のプラモデルを買取させて頂きました

このたびは特撮ドラマ 電撃!!ストラダ5のレトロな当時物のプラモデルを買取させて頂きました。

ストラダ5が劇中で搭乗する特殊マシンが、アオシマから立体化されたキットです。箱絵には、犯罪シンジゲート ビッグノヴァに立ち向かう捜査官達の血湧き肉躍る戦いが描かれています。

今回はこのストラダ5から、フライングペガサスとトライシャーク、そしてレッドフォックスのプラモデルを、キットの画像を交えながらご紹介させて頂きます。

アオシマ フライング・ペガサス 電撃!!ストラダ5

 買取紹介:アオシマ フライング・ペガサス 電撃!!ストラダ5

ストラダ1 ペガサスが駆る特殊マシン。車両の名前の由来であり、車体にも描かれているペガサスのマークは、スポンサーのモービル石油のロゴマークです。

買取紹介:フライングペガサスのキット内容

フライングペガサスはホンダS600がベースのカスタムカーで、1970年台当時では非常に珍しい車両だったそうです。キットはフライングペガサス本体と、ミサイル内蔵の秘密コンテナがセットになっています。箱絵にも描かれているようにロウソク型の変わった形のミサイルですね。

買取紹介:フライングペガサスのゼンマイとタイヤ

タイヤは前輪がプラ製で後輪がゴム製です。ゼンマイを動力にして走行することが可能! ゼンマイを巻くネジも金属製のものが付属します。

買取紹介:フライングペガサスのデカール

デカールは、ストラダ5のマーキングに加えてペガサスのマークも付いてきます。

説明書です。秘密トレーラーには、開閉ギミックに加えてバネ仕掛けによるミサイルの発射ギミックも備えています。

アオシマ トライシャーク 電撃!!ストラダ5

買取紹介:アオシマ トライシャーク 電撃!!ストラダ5

続いては、三次元のサメ・トライシャークです。上部に備えられたミサイル砲がインパクト抜群です。ガンランチャー装備のバギーということでしょうか。ロマンです。ちなみに本編のバギーとはデザインがまるで別物となっています。おおらかな時代を感じますね。

買取紹介:トライシャークのキット内容

赤と青の成型色のランナーで構成されています。劇中とは違いますが、バギーカーとしてもなかなか格好いいデザインではないでしょうか。車体パーツに隠れていますが、ミサイル砲はトライシャークの車体全長とほぼ同じ長さです。

箱絵の車体に走る黄色いラインはデカールで再現されます。電撃!!ストラダ5のマークもありますね。タイヤやゼンマイの仕様はフライングペガサスと同様です。

ミサイルは飛びます!。完成図のミサイル砲の威圧感は凄まじいものがあります。

アオシマ レッドフォックス 電撃!!ストラダ5

買取紹介:アオシマ レッドフォックス 電撃!!ストラダ5

シリーズNo.1でもあるレッドフォックスは、本来であればジムニーベースの車両のはずですが、キットはむしろ劇中のトライシャークに近い感じになっています。

買取紹介:レッドフォックスのキット内容

共通の中帯ですが、これがあるだけでキット内容が豪華に感じます。赤と白のビビットなカラーリングです。ゼンマイ仕掛けは変わらず、ゴムタイヤとの合わせ技で走行します。

戦車のような男らしさを感じるストラダ5マーキングの連打。付属のバネによって、フロント部分からドリルが衝角のように飛び出します。

説明書の他、ジャンボマックスや電人ザボーガーなどのチラシも同梱されていました。昔のプラモデルに入っているこういったチラシも見ていて面白いものです。ビッケのジオラマなんてものもあったんですね・・・。

このたびは大切なコレクションをお譲りいただき誠にありがとう御座いました。

昔のプラモデルも高価買取致します!

絶版キットもしっかり評価

アオシマの快傑ライオン丸シリーズや、ジャンボマックスシリーズ。バンダイの仮面ライダープラモデル等の、古いプラモデルも高額査定で買取!1品ずつ丁寧に価値を見出して査定しますので、押入れや倉庫に眠ったままのプラモや模型が思わぬプレミア査定になることも!

またプラモデルの箱が汚れていても、パッケージに潰れなどがあってもすべて買い取りさせて頂きます。「これは売れるの?」など迷われたらぜひお気軽にサポートよりご連絡下さい。

お引越しやコレクションの整理など、大量のプラモデルや模型の買取にもしっかり対応。梱包に必要なダンボールなどもすべて無料でお届け致します。プラモデルの買取りについて詳しくはこちら

 

LINEで送る
Pocket

 

※当サイトにて掲載している商品や記事に関して、弊社独自の判断で制作・運営を行っています。特定の商品や記事制作のご要望や、ご希望等には一切お応え出来ませんのでご了承下さい。

//文字サイズ変更