プラモデル

タミヤ ミニ四駆 ファイターマグナムなどを買取させて頂きました。

お譲り頂いたタミヤ ミニ四駆 ファイターマグナムなど

ご覧いただきありがとう御座います。このたびはタミヤのミニ四駆を買取させて頂きました!

90年代最後のジャパンカップから10年以上経ち、当時の子供たちが親になり、今や子供と一緒にミニ四駆で遊ぶ時代です。

タミヤ フルカウルミニ四駆シリーズ No.45 バスターソニックプレミアム (ARシャーシ) 19445

このたびはスーパー1シャーシからARシャーシと、時代とともに進化したフルカウルミニ四駆をお譲り頂けましたのでご紹介させて頂きます。

買取ブログこちら
全国からのコレクションを多数ご紹介中!

買取紹介:タミヤ ファイターマグナムVFX

買取紹介:タミヤ ファイターマグナムVFX

ミニ四ファイターの愛機として登場したVマグナムベースのミニ四駆、ファイターマグナムVFXのご紹介です!

最初から肉抜きされているという、なかなか綺麗に肉抜きできない子供たち驚愕のミニ四駆です。

ファイターマグナムVFXの内容

ミニ四駆らしい非常にシンプルな内容です。ボディ、シャーシ、タイヤとギア。モーターは別売りです。

接着剤いらずのスナップフィットで、誰でも簡単に組み立てることができるというミニ四駆の設計理念は今でも受け継がれています。

ファイターマグナムVFX ボディ

肉抜きされたボディーは非常にスマートに見えます。前輪のフェンダーが取り外されている他、リアウイングの形状も変更されています。

小学生時代は、これを真似てVマグナムの肉抜きをしていた記憶があります。こんなに綺麗にはできませんでしたが……。

ファイターマグナムVFX シャーシ

シャーシは初期フルカウルを支えたスーパー1シャーシ。

世代的には過去のシャーシですが、その性能から現在でも使用され続けている優秀なシャーシです。

ホイールやサイドガードは黄色と青というミニ四ファイターらしい派手な色になっています。シールは、赤青白とタミヤのロゴを思い出させる色使いで一際目を惹くカラーリングです。

スーパー1、ARシャーシの比較

この度のお取引でファイターマグナムと共に買取させて頂いた、バスターソニックのARシャーシと簡単にですが並べてみました。

スーパー1シャーシは1993年に登場し、ARシャーシは2012年登場と、実に20年近い開きがあります。

ARシャーシ

ARシャーシは、空力に徹底してこだわった最新のシャーシで、まさにレーシングカーのシャーシといった感じですね。

ピン穴の数からして、拡張性の高そうなシャーシです。こんなシャーシを相手に現役で使われているスーパー1の完成度の高さも伺えますね。

ミニ四駆の買取ならトライホビーズへ!

未組立てのミニ四駆キットだけでなく、トライホビーズなら作ったミニ四駆や改造したミニ四駆も買取致します。各種グレードアップパーツを使用したご自慢のマシンも丁寧に買取させて頂きます。

ミニ四駆コースやグレードアップパーツもおまかせ。

ミニ四駆本体だけではなく、トルクチューンモーターやマッハダッシュモーター、ローラーやスポンジタイヤ、ステーなどのグレードアップパーツの買取もおまかせください!

プレミアムボックスなどの限定シリーズやエンペラーの当時物といったレアキットなど、高額査定が可能なミニ四駆も多数御座います。

ミニ四駆の買取ページ

 

※当サイトにて掲載している商品や記事に関して、弊社独自の判断で制作・運営を行っています。特定の商品や記事制作のご要望、お問い合わせ等には一切対応出来ませんのでご了承下さい。